脂肪吸引のダウンタイム

美容整形の手術ならば必ずダウンタイムがあるものと考える人もいるのではないでしょうか。ダウンタイムとは美容整形における専門用語であり、施術してから回復するまでの期間のことを指します。美容整形の治療では麻酔により腫れが起こる場合や、手術に伴ってむくみ・アザができやすくなってしまい今までの日常生活が出来なくなってしまう場合もあります。痛みを抱えたまま営業の仕事で歩きまわったり、変色した肌でお客様の前に立つのは避けたいポイントです。回復時間には個人差や、日ごろの運動量、年齢など様々な要因が関係することによって違いはありますが、ダウンタイムとはそれらを含めて通常通りの日常生活を取り戻すことのできるまでの期間のことを言います。

ボディタイトによる脂肪吸引手術には部位にはよりますが、2~3週間のダウンタイムが必要となります。しかし、2~3週間ずっと仕事が出来なかったり、寝たきりだったりするわけではありません。最初の1週間を安静に過ごせば、後の生活は筋肉痛のような痛みのみになります。決して今までの通の日常生活が送れないわけでなないのです。ある程度の安静は必要となりますが、多少の運動が回復を早めてくれるため、無理な休暇や入院、毎日の通院は必要ありません。